通信制短期大学の学費

パソコンを使った学習がメインなら年間三十万円程度に抑えられる

通信制短期大学の学費は、履修をする科目や学習方法、卒業までにかかった期間などに大きく左右されます。一般的に、文系か理系かにかかわらず、パソコンを使った学習方法をメインに選ぶ場合には、年間の授業料を三十万円程度に抑えることが可能です。また、学習のための資金にあまり余裕がない人は、実習や演習、スクーリングなどの授業に参加をしなくても必修科目の単位を取得可能なところを探すのもおすすめです。最近では、単位数によって年間の学費を計算する制度を導入している通信制短期大学も少なくありません。そのため、なるべくお金の心配をせずに卒業を目指したい人は、学費の仕組みが分かりやすいところを入学先の候補に入れるのがポイントです。

在学中に資格や免許を取得する場合は学費が高くなることもある

通信制短期大学に入学をして、教員免許や情報処理、福祉などの国家資格を取得したい人は、通常よりも学費が高くなる傾向があるため注意しましょう。特に、一年のうちに数回の実習が必要となったり、教員から特別な指導を受けたりする場合は、学費の負担が大きくなってしまうこともあり、入学前におおよその費用についてよく把握しておくことが大切です。また、学費の悩みを解消するには、在学中に難易度が高い免許や資格を取得した学生を対象に授業料の減免をしているところや、奨学金の給付を行っているところを選ぶのも良いでしょう。その他、機会があれば実際に通信制短期大学で免許や資格を取得した人に話を聞いて、卒業までにかかる費用について教えてもらうのも有効です。

通信の大学で学ぶメリットとしては同級生の年齢を気にしなくて良いことです。通学制の大学だと同級生と年齢がかけ離れている場合はクラスに馴染めない恐れがあります。